アクセスランキング

毎時更新!! 今話題&人気の最新記事ヘッドライン
画像RSS
     毎週月曜更新
おすすめRSS記事
プロフィール

musya

Author:musya


ケータイ・スマホ版はこちら

グルメ・B級グルメ・食関連ニュース・食べ物の話題に関するまとめサイトです。

このブログについて

逆アクセスランキング掲載のサイトには食やライフハックの情報のまとめサイトが多々ありますので、ぜひ覗いてみてください。

相互リンク・RSS募集しております。
詳しくは上記の「このブログについて」をご参照ください。

その他、閲覧者様などの問い合わせや質問にも可能な限りご返答いたしますのでお気軽にお問い合わせください。


引っ越しは一時中止します。更新を再開いたします。

RSS&ツイッター&はてブ
日本ブログ村
タグクラウド

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
累計逆アクセスランキング
検索フォーム
おーぷん2ちゃんねる
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新画像RSS
 ランダム過去記事&広告
Powered by 複眼RSS




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【食品】「バターが買えない」の裏にある不都合な真実

img_howto08_01_01.jpg




1: 蝙蝠傘子 ★ 2016/04/06(水) 13:35:12.01 ID:CAP_USER*.net

バターの品薄状態が長く続いている。この理由を、農水省は「生乳生産量の減少」だと説明してきた。しかし、それはうわべの事情にすぎない、と農政アナリストで元農水省官僚の山下一仁氏は指摘する。山下氏の新刊『バターが買えない不都合な真実』から抜粋して、バター不足の本当の背景に迫る。

■ 新聞報道が見落とすバター不足の原因

 2014年からバターが不足している。一時期はスーパーの棚からバターが消えた。「おひとり様一つに限らせていただきます」というスーパーも出た。安いバターは普段の倍も値上がりし、洋菓子店の業界ではバターからマーガリンやショートニングに切り替えた店もある。

 バターは、酪農家が生産する生乳(=搾ったままの牛の乳)から作られる。農林水産省は、2013年の猛暑の影響で乳牛に乳房炎等の病気が多く発生したことや、酪農家の離農等で乳牛頭数が減少していることなどにより、生乳の生産量が減少したためだと説明している。

 しかし、2013年の生乳の生産量の減少率は、前年比2.1%に過ぎない。バターが足りなくなるような減少率ではないと思われる。これについて、各紙はおおむね次のように報道した。

 生乳は乳代が高く量も多い飲用牛乳向けに優先的に供給され、残りがバターや脱脂粉乳などの乳製品の生産に回される。また、飲用牛乳向けの生乳はそのまま飲用牛乳に処理されるので、飲用牛乳向けの生乳供給量は飲用牛乳の消費量と同じである。

 このため、飲用牛乳の消費量(飲用牛乳向けの生乳供給量)の減少率よりも生乳の生産量の減少率が大きいときは、バターや脱脂粉乳などの乳製品向けの生乳の供給量は、全体の生乳生産量の減少率よりも大きく減少することになる。2013年の飲用牛乳向けの生乳供給量は前年比1.1%の減少で生乳生産量の減少率2.1%がこれを上回ったため、バターや脱脂粉乳などの乳製品向けの生乳の供給量は、8.1%も減少することとなった。

 おそらく農林水産省は、そのように説明したのだろう。ほとんどのメディアは、これがバター不足を招いたと解説した。表面的には、必ずしも誤りではない。

 しかし、バター不足の報道が見落としている重要な点がある。

 第一に、バターや脱脂粉乳などの乳製品向けの生乳の供給量は、2010年には11.6%、2011年には9.2%の減少と、2013年の減少率8.1%よりも2年連続して大きく減少している。また、バターの生産量は、2010年に前年から14.5%、2011年は同10.1%減った。これも2013年の減少率8.3%を上回っている。それなのに、2010年、2011年に、なぜバター不足が起きなかったのだろうか?

 2010年、2011年と2013年の違いは何なのか?  酪農・乳業界や農林水産省のプロでも気づかないことも、このようなシンプルな質問を発することにより、発見することができる。

 第二に、生乳からバターと脱脂粉乳が同時に生産される。生乳から水分を除くと、脂肪分と脂肪以外のタンパク質や糖分などの無脂乳固形分が残る。脂肪分からバターが、無脂乳固形分から脱脂粉乳が、それぞれ生産される。これら乳製品向けの生乳供給量が減少したので、脱脂粉乳の生産量も、2010年に同12.6%、2011年同9.3%、2013年8.9%と減少している。しかし、バターと同じように、脱脂粉乳の生産も減少しているのに、なぜ脱脂粉乳は不足しないのだろうか?

 これら第一と第二の疑問に対する答えが分かれば、バター不足の謎は、かなり解けたことになる。あとは、次の第三の疑問に答えればよい。

 第三に、2014年の国際市場では、ヨーロッパの暖冬の影響で生産が増加したことや、ロシアの買い付けが減少したことなどで、需給が大幅に緩和し、同年10月のバターの価格は年初からは半分、前年比では4割も下落した。この傾向は、2015年に入っても続いている。同年7月の乳製品の国際価格指数(GDT)は2002年12月以来12年ぶりの低水準となった。中国経済の減速により、乳製品の需要が低下したのだ。

(※続く)


Yahoo! JAPANニュース/東洋経済オンライン 4月6日(水)6時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160406-00111696-toyo-bus_all&pos=1


引用元: ・【食品】「バターが買えない」の裏にある不都合な真実


2: 蝙蝠傘子 ★ 2016/04/06(水) 13:35:57.27 ID:CAP_USER*.net

>>1続き

■ バターが世界では余っている。日本だけ足りない

 なぜ、国際市場では過剰にあるバターが、国内市場では不足するのだろうか。モノは安い価格のところから高い価格のところへ、たくさんあるところから足りないところへ、輸出されるのが、普通の経済である。なぜ、海外から安いバターが入ってこないのだろうか?

 酪農政策が規制改革会議で取り上げられるようになった。規制改革会議のメンバーの間に、バター不足を生じさせるなど、何らかの人為的な問題が関与しているのではないかという、直観のようなものがあるのかもしれない。ある意味で、この直観は正しいのだろう。しかし、やみくもに政府が悪いといっても、きちんとした分析がなければ、お門違いのところを攻撃することになりかねない。政府から、そんなことはありませんと言われて後ずさりしたり、逆にとんでもない提言をして事態を悪化させたりしかねない。

 酪農・乳業、牛乳・乳製品の世界は、農業と製造業、農産物と多種類の乳製品で成り立つ複雑な世界である。米のように、農業と農産物だけという世界よりも、はるかに入り組んでいて、容易に理解できないところがある。正確な報道が行われにくいのも、このためである。

 拙著『バターが買えない不都合な真実』の第一の目的は、なぜバターが不足するのかを説明することにある。それだけではなく、酪農・乳業という産業と牛乳・乳製品という生産物に関し、経済的な側面から見た基礎的な知識とこれらの産業・生産物についての政策について、解説したい。これを読めば、読者は牛乳・乳製品政策に関する歴史的かつ包括的な知識を身に付けられるだろう。

 また、どういうメカニズムでバター不足などの現象が起こるのかを、理解できるようになるはずだ。また、農林水産省の人たちが、どのようなことを念頭に置いて政策を検討したり実施したりしているのかについても、説明したい。これは、長年酪農・乳業界の中にいる人たちも知らないことだろう。

 以上を踏まえて、バター不足が起きた本当の理由や、酪農・乳業、牛乳・乳製品の世界に隠されている、複雑な事情や秘密を明らかにしたい。これらの事実を知らないと、酪農を専門とする大学教授、農業団体、農林族議員や農林水産省の役人など、いわゆる専門家と称する人たちに騙されてしまうからである。

 経済学を勉強するのは経済学者に騙されないようにするためだという名言を残した、イギリスの有名な経済学者がいる。しかし、一気に彼らの噓を見破るだけのレベルに達することはできない。専門家は巧妙に噓をつくからである。

(※続く)


3: 蝙蝠傘子 ★ 2016/04/06(水) 13:36:23.61 ID:CAP_USER*.net

>>2続き

■ ムラは運命共同体

 「原子力村」という言葉があるように、産官学が共通の利益を持つ農業村も存在する。彼らは運命共同体である。その中では、それぞれの立場の違いから、いざこざも起きる。農協と農林水産省は、しばしば対立する。しかし、外に対しては、共同して同じ主張をしたり、行動したりする。

 農林水産省など中央官庁の役所は、特定の利害から中立的だと思われているかもしれない。しかし、彼らが守ろうとしているのは、国民の利益ではなく、彼らの組織の利益、最終的には彼ら自身の利益であることが多い。情報は、彼らの利益や立場というフィルターを通して提供される。彼らにとって不利益な情報は、なかなか出てこない。また、情報を流す際も、役所の立場からの評価を入れて、説明する。コップの中の水が、半分もあるというのと、半分しかないというのでは、受け取る人は違う印象を持つ。

 大学の教授も中立ではない。酪農を専門にする人たちが、みずからの飯のタネを否定するような主張をするはずがない。酪農は必要で、農林水産省の補助をもっと高めて、もっと発展させるべきだということは、彼らの議論の前提である。彼らの多くは農政に批判的である。しかし、それは農業保護が低すぎるとして批判的なのであって、農政が納税者や消費者に負担をかけているから保護を削減すべきだというものではない。そもそも酪農が保護に値する産業なのかという議論は、タブーである。

 必ずしも酪農を専門とはしない農業関係の研究者の人たちも、農協など酪農団体に講演を依頼されたり、団体の理事や検討会の委員となったりすると、酪農団体に迎合するような主張になりがちである。講演を頼まれて、依頼者や聴衆の感情を害するような発言をする人はいないからである。

 ほとんどの大学教授は、これらの団体から講演を依頼されている。中には、大学教授としての報酬をはるかに上回る講演収入を得ている人たちもいる。兼業収入の方が本業を上回る、第二種兼業大学教授である。一般の公務員は、兼業が禁止されているが、国立大学の教授の兼業、アルバイトはフリーパスである。

 一見、特定の団体の利益から離れているように見える、またはそのような態度を装っている大学教授も、実際にはその団体の立場に配慮した発言や活動を行ったりしている。農学部に属する以上、運命共同体である農業村の和を乱すことは、タブーである。

■ タブーが犯されない以上

 農業村の人たちが主張する噓を見破ることは、簡単ではない。特定の立場やアングルからしか酪農や農業を観察できない農業村の人たちが、意図しないで、あるいは十分な知識を持たないで、間違ったことを主張する場合もある。自分たちに不都合な真実から、無意識のうちに目をそらしてしまうからである。

 最終的には、バターがなぜ不足するのかの謎を解き明かすことで、なぜ農業村の一部である酪農村の人たちはバター不足を生じさせたのか、その裏にある酪農村の実情の一端を紹介するとともに、これで被害を受けているのは誰かということを拙著ではさらに迫っている。

山下 一仁

(終わり)


134: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 14:31:21.11 ID:PaFA8yWf0.net

>>3
最後まで読んでも、どこにもバター不足の不都合な真実が書いてない。

本当の理由を解き明かし、本当の被害者は誰かということが私の本に書いてあるで終わってる。

こんな駄文を長々と引用するなボケ。

ただの自分の本の紹介文じゃねーか。


252: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 18:28:03.57 ID:KDpmLUXz0.net

>>134
いやまったくだ。驚いたw
卸が出し渋ってる話がいつ始まるのかと思ったらコノザマですよ。
駄文の筆者、掲載者、スレ立て全てに呆れたよ。


5: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 13:37:15.84 ID:2KRbalRh0.net

代わりにオリーブオイル使えばいいじゃん。


265: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 19:16:02.05 ID:bRsTTjaD0.net

>>5
偽物問題どしたんだろ?


9: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 13:39:22.77 ID:/3keOQ650.net

で、答えは?


107: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 14:20:38.96 ID:FI+lm/IZ0.net

>>9
作るのがめんどくさい。
牛乳の方が利益がでる。
バターの値段を上げると、買わない人が多い。


235: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 17:11:24.40 ID:SCh18wfO0.net

>>9
頭数制限を役人がバター計算しないで押しつけたそうですよ


244: !omikuji 2016/04/06(水) 18:03:36.22 ID:Gzk4c8ah0.net

>>9
天下りが輸入バターに関税かけてマージン取ってるの。だから国内の生産を極力抑えてるのよ。


245: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 18:06:33.67 ID:Gzk4c8ah0.net

>>244
本当は国内で100%まかなえるんだけど天下りに金を流すために国内酪農生産者に生産調整させてる。


246: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 18:08:57.87 ID:Gzk4c8ah0.net

>>245
輸入バターが天下りの上納金になってる。


251: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 18:26:17.19 ID:3l8/359Z0.net

>>245
誤解だそれは。国としては輸入したくなくて国産100%を目指してるが失敗しての緊急対策だ。
ちょうど100%がよく150%や200%ではダメ。価格下落して農家が困る。コメの減反とおなじ。
ちょうどを狙うため80%だと不足する。
あと牛乳に関しては北海道は強者とみなされ、バター、チーズなど加工品には制限ないが
牛乳そのままは本州へ売れないはずたぶん。本州の農家が困るから。


256: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 18:39:08.85 ID:KDpmLUXz0.net

>>251
飲用に関しては、本州酪農家保護の側面もあるけど単純に日持ちの問題ってのもあるね。
だから北海道の零細酪農家は加工用で取られるのが多くてたいへんなのよ。


261: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 18:59:01.41 ID:TtaHYz3c0.net

>>251
>牛乳そのままは本州へ売れないはず
未だホクレン農協が牛耳ってるのは確かだが
農家自身が踏み出せば道はあるのだよ

http://www.milkmarket-japan.com/coramu/co2014_hokkaido.htm
>北海道、十勝の田口畜産は順調に出荷されていて、
>2月からは田口畜産の生乳が『十勝牛乳』として関西地区を中心に販売開始となった。


30: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 13:49:27.33 ID:i87Dc4o20.net

読んでないけどマーガリン業界の陰謀だろ


38: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 13:51:20.09 ID:lcBANELn0.net

>>30 チーズ業界だろ


32: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 13:49:54.64 ID:q9AdI9Ae0.net

結局本をかえばわかる
買わなければ教えないってことか
そんなに難しいことだとは思えないんだけどなぁ…
需要と供給以上の構造はないんだからさ


210: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 16:20:32.04 ID:D092edda0.net

>>32
工業製品とちがって供給に2~3年のタイムラグができる。
需要が少ない時期に多くなる予想で投資出来れば供給を満たせるが、需要が回復しないと借金がかさむだけになる。
酪農はそれを見据えて国が価格などで主導していたが、穀物相場や為替などの外的要因が重なって経営が悪化、回復は今年から来年にならないと難しい。
さらにTPPで投資が抑制されているので輸入を考えても過剰供給は見込めない


51: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 13:54:09.84 ID:HXcXdNl30.net

牛乳→全部製品になる
チーズ→全部製品になる
バター→原料の3割ぐらいしか製品に出来ない

これがすべてよ。バター作っても儲からないのよ。


57: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 13:55:58.87 ID:XHkBZrKT0.net

バターになるはずの北海道の原乳が、東京に生乳として輸出されてるせいだろ
茨城の牛乳をトンキン人が嫌がるせいで
これこそ本当のタブーなのに、なぜ誰も指摘しないんだ


192: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 15:37:20.99 ID:JG7wg6zM0.net

>>57
俺もそれが真相だと思ってる。


180: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 15:25:56.12 ID:Eott2eNQ0.net

1880年 アメリカ 安くておいしい改良型のマーガリンが開発される
 ↓
乳製品業界「にせバター○ね!規制しろ!税金かけろ!」
農業「せ、せやな・・・よくないな・・・」
 ↓
政府「マーガリン1ポンドにつき2セントのマーガリン税を導入するわ」
政府「あとマーガリンの卸と小売を認可制とし、認可料が徴収するわ」
乳製品業界「ざまあ!」
お客さん「マーガリンください」
 ↓
政府「マーガリンはバターと同じ値段で売ること、安売りしちゃダメ」
乳製品業界「ざまあ!」
お客さん「マーガリンください」
 ↓
マーガリン屋「これからは国産(アメリカ産)の植物油を使うよ!油売って!」
綿花農家「ありがてえwww」
大豆農家「ありがてえwww」
 ↓
農業「マーガリンいいやつだったわ 誤解してたわ」
政府「酪農は大事だけど、もうマーガリン差別をやめざるをえないわ」
乳製品業界「・・・」
 ↓
医者「正直、バターは心臓ぶっ壊す毒です。マーガリンのほうがマシ。」
乳製品業界「・・・」
 ↓
医者「トランス脂肪酸っていうのもある」
乳製品業界「っしゃああああああああマーガリンは毒!マーガリンは毒!プラスチック!」
 ↓
マーガリン屋「製法変えてトランス脂肪酸減らしたよ」
お客さん「マーガリンください」


203: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 16:13:09.69 ID:DlQ5c2PD0.net

バターを作る仕事そのものは誰も儲からないし需要満たせるだけの量流してるのに
最後だけ不足して値段が跳ね上がる
どこに溜まってたんでしょうねえ


214: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 16:23:18.65 ID:D9J7s3bp0.net

>>203
バターは生乳不足で生産していなかっただけ
酪農家が生乳を飲用として出荷したことにして補助金を貰い
余った生乳は捨ててた


273: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 20:11:19.61 ID:D092edda0.net

>>214
飲用には補助金付いてないが?


230: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 16:52:17.13 ID:iKMMtWJP0.net

バター品薄で長期間棚に無いときでも
ず~っとチーズは大量に積んでたよな


231: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 16:59:50.24 ID:G3S1eFkJ0.net

>>230
バターは、どんなに牛乳余っても作りたくない事が明白って事。
企業は利益を追求するものだから当然といえば当然。


238: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 17:14:41.53 ID:amI+76Fn0.net

>>231
少し考えれば分かるけど、生乳の使い道を決めてるのは基本的にメーカーだからね。
そのメーカーがチーズ補助金目当てにバターに生乳を回さなくなったのがバター不足の原因。

そして、生乳を出荷するだけの酪農家を矢面に立たせて、自分たちは非難を免れてるという。


275: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 20:22:15.04 ID:D092edda0.net

>>238
ちょっと違う
過去にバターも脱脂粉乳も過剰在庫になった時期があって、国もメーカーも輸入チーズの置き換えでチーズ増産により牛乳の生産を確保する政策を行った。
同時に3年間減産調整もしたので、工場が出来たときには生乳不足になりバターの需要が急に増えたため品不足となった。
脱脂粉乳は適正在庫水準なので足りないからとバターを増産すると脱脂粉乳の過剰在庫が起こる。そのため緊急輸入という形をとっている。
チーズ工場作ったタイミングが遅すぎたために結果として生乳生産が回復しなくなってしまった。


250: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 18:25:56.44 ID:XHkBZrKT0.net

東京に住んでたらわかると思うんだけど、2012年以降、
「北海道」の名を冠した牛乳がスーパーの棚に増え続けてんだよね。
昔は、北海道産の牛乳なんて棚のはじっこに1種類だけ置いてある程度だったのに、
今はどのスーパーでも棚の目立つところに何種類も置いてある。
バターの工場はほとんど北海道にあって、これまで北海道の余った原乳で作られてた。
北海道の原乳が東京で消費されるようになって、余剰の牛乳が北海道から消えたんだと思う。
バター不足の正体って、絶対これだと思うんだがな。


278: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 20:38:01.11 ID:D092edda0.net

>>250
北海道牛乳が増えてるのは酪農家が直接工場に出荷する仲介業者が出来たから。
加工用に北海道内で売るより本州工場に飲用で出荷した方が価格が高い。
現状では直接出荷しない従来の農家分が加工用に多く振り分けられるだけなので、加工用の不足は出ないが農家が受け取る金額は減る。
各地域の農協系の指定団体ってのが一括仕入れと工場への振り分け、用途ごとに違う単価を平均して農家に支払ってるわけだけど、今国はそれを見直そうとしているところ。
バター不足に対応するためと言っているが、そうなると安い加工用に生乳を出荷するのは馬鹿だと思うので飲用が加工用並に安くなるか加工用が値上げしないと量が確保できなくなる。
どっちにしろパック牛乳は余ってるけどバター不足になるのは確実。


277: 名無しさん@1周年 2016/04/06(水) 20:35:48.31 ID:z6QfC1Y30.net

長ゲーよ

まあ利権がらみで誰かが得してるって考えればおおよそ間違いではないってことですな。


このエントリーをはてなブックマークに追加
昔の友達が自殺したその日の深夜に電話があった。俺は「何時だと思ってんだ!いい加減にしろ!バカ野郎!」って言ってしまった……

幼稚園の頃「大好きなものを描いてね」って言われたから、唐揚げの絵を描いたら皆に笑われた。帰宅後、母に絵を見せたら

今日娘に会った。3年前に離婚した女房に引き取られてから2,3ヶ月に一度しか会えない。俺の人生は何だったんだろうと思う。
▼ランキング投票お願いします!▼
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking

人気急上昇! アンテナサイト厳選記事!
[ 2016年04月07日 15:00 ] カテゴリ:食材・調味料 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musyasoku.blog.fc2.com/tb.php/4876-df0d034a

月曜更新!今週の人気記事一覧


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。